動画の在り方が変わった

大勢の人々に情報を知らせる役割がある広告の張り紙は電車ホームや街中に至る所存在します。
それらのほとんどが、張り紙の静止画であるのです。
しかし現代社会では、様々な電子機器の発展により動画で人々に情報を与えることが可能になったのです。
家に帰って来てもテレビがあれば、宣伝で動画が流れている様をご覧にできます。
そのような動画は静止画より印象に残るのではないでしょうか。
動画は音・映像の動きという2大特徴が存在し、静止画より刺激的な情報伝達システムです。
昨今では、パソコンやスマホ等で動画を気軽に触れることができるようになりました。
動画を使用した情報は多くの人々を魅了し続け、日々動画の在り方が変化し続けているのです。
例えば、昔におけるテレビにおける動画の役割は視聴者に情報を見てもらうだけに収まっていたのですが、最近のインターネット上における動画では、動画に視聴者が積極的に参加できるシステムを搭載する場合が多くなりました。
それは、動画と一緒に流れる視聴者のコメントや、動画に対するより細かな情報リンク等です。
つまり、動画を通して、より使いやすく・視聴者の意見を不特定多数と共有することが可能になったのです。
したがって、動画というのは、見る側に一方的に伝えるだけでなく、コミュニケーション等のその他のアクションが発生するのです。